AGAとは?

AGA=【男性型脱毛症】です

AGA=ANDROGENETIC ALOPECIA

老化と共に徐々に髪の量が減ってしまう男性の「脱毛症」です。

20歳くらいを超えると人は老化が始まります。

つまり20歳代からその症状が現れる可能性があるのです。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

AGAのメカニズムを超簡単に解説します。

毛は植物のように 芽が生えて→成長して→やがて枯れる(抜ける)

このように毛髪は3つのヘアサイクルで成り立っています。

正常なヘアサイクルの周期は6~7年です。

つまり生えてきた毛は7年くらいで抜け落ちることになります。

しかし、「AGA」の周期は数か月~1年くらいで毛が抜け落ちてしまいます。

毛が生えて十分に成長する前にサイクルが終わるため

うぶ毛のような髪質(軟毛)が増えてしまうのです。

原因物質

AGAの原因物質は「DHT」ジヒドロテストステロン

毛髪は1本1本寿命があり、ある一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返します。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。それは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンです。DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって変化したもので、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまいます。引用元:湘南SBC美容クリニックホームページより

AGAは治ります!

今やAGAは薬でしっかり治すことができます。

AGAを扱うクリニックで治療をすれば早くて3か月~6か月で発毛を実感できます。

薄毛からふさふさに生える150日の私の記録を写真付きでご覧ください!

AGAは進行します

AGAは発症すると治療以外では治りません。

そのまま放っておくとどんどん薄毛は進行してしまいます。

何年も放置すると毛根が死滅してしまい、治療が困難になってしまうので、早期にクリニックで治療しましょう。

薄毛治療者がおススメするクリニックはこちら


一緒に何かを構築しましょう。


タイトルとURLをコピーしました