夏は抜け毛が多いってホント?

発毛クラブ部長のともです。

みなさんは「夏になると抜け毛が多くなる」って聞いたことありませんか?

または「夏になると抜け毛が激しい」なんて感じたことはありませんか?

夏は抜け毛が多いってホント?

結論から言うと

事実です!

髪の毛が多い方は気付かないかもしれませんが、薄毛の方は特に「抜け毛」を感じる方が多いと思います。

夏になると抜け毛が多くなる理由はいくつかあるので、順を追って解説していきます。

夏に抜け毛が多くなる理由

①季節の気温に適応するための生理機能

犬を飼っている方はわかると思いますが、犬は夏になると大量の毛が抜けます。

これは気温が高くなる夏に、体温を下げるために生理的機能が働くからなのです。

動物の体は実に合理的にできています。

人間もまた猿から進化した動物なので、夏前から徐々に毛が抜け始めてくるのです。(㋅~㋈)

でも安心してください。

秋を過ぎたころから髪の毛の量は少しずつ生えそろってきます。

もともと髪の毛の量が少ない方は、夏の抜け毛により薄毛がさらに目立ってしまうんですよね。

薄毛の方にはとてもつらい季節になります。

 

②夏の紫外線による頭皮のダメージ

紫外線は体内にビタミンDを生成します。

このビタミンDは、カルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つのに必要な栄養素になったりとメリットも多いのですが…

しかし

紫外線はプラスの影響を与えてくれる反面、「皮膚がん」「シミ・そばかす」「身体を酸化させる」「老化を促進させる」といった悪影響も合わせ持っていることが明らかにされています。

紫外線は髪の毛をつくっている「毛母細胞」に直接ダメージを与えてしまうので、抜け毛の原因になるばかりか「髪の毛が生えてこなくなる」という危険性も秘めています!

顔や腕などはきちんと日焼け止めを塗れるとしても、頭皮に日焼け止めを塗るのは困難です。

ということは、真夏のキツイ紫外線を頭皮はダイレクトに受けてしまうことになるんです!

夏は帽子や日傘をさすなどして、直射日光から頭皮を守り抜け毛を予防しましょう。

③汗によって増殖した雑菌が頭皮に悪影響を及ぼす

夏は大量に汗をかくため、頭皮が不衛生になりがちです。

頭皮に汗をかいてしまうことのデメリットとして

・頭皮が蒸れて細菌が増加する

・頭皮コンディションが乱れる

・汗と共に潤いも一緒に流れ出てしまう

ということが挙げられます。

これらのデメリットは毛髪を健やかに保つことを阻害するだけでなく、「毛髪に栄養が送られにくくなる」「髪の毛が痛みやすくなる」などという影響を与えて抜けやすい毛髪にしてしまう場合も考えられます。

頭皮を清潔に保つためにも、毎日最低1度はシャンプーを行うようにしましょう。しかし、洗いすぎて皮脂を落としすぎないようにしてください。皮脂を必要以上に落としてしまうと、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。常に清潔を保ち、抜け毛を予防してください。

また、シャンプーするときに気をつけてほしいことは、頭皮を傷つけないように優しく洗い上げ、さらに各種の栄養素を補う作用が期待できるアミノ酸系のシャンプーを利用したり、低刺激でありながらすっきりと洗い上げることができる石けんシャンプー等がおすすめです。

とにかく、夏こそ頭皮を清潔に保ち抜け毛の進行を抑制しましょう!

④海水浴による髪へのダメージ

・海水はアルカリ性

酸性か、アルカリ性かを測る指標としてpH(ペーハー)と呼ばれる数値があります。

pHの値が7よりも下であれば酸性

7以上はアルカリ性

全部で0から14までの数値があり、海水はpH8~9の弱アルカリ性です。

髪の毛を構成している「ケラチン」と呼ばれるタンパク質は、このpHが10を超えると解けてしまいます。アルカリ性の条件化では解けてしまうのです。

海水はpHの値が8~9の弱アルカリ性のため、海水が原因で髪の毛のケラチンを少しずつ溶かしてしまうのです。

その結果として、髪の毛が痛んだり抜け毛を増やしてしまう原因となってしまうのです。

ちなみに、人間の頭皮は酸性で保たれており、その数値はpH4.5~6.5の辺りが正常値と言われています。海水はアルカリ性であるため、海水によって髪の毛だけでなく、頭皮も痛む可能性があるわけです。

頭皮が痛むと、発毛サイクルに影響が出ないわけがありません。

・海の塩分で髪の水分が失われる

海水には豊富な塩分が含まれています。

塩は水分を吸収してしまう特性があります。

野菜に塩をかけると柔らかくなりますが、これは塩が水分を吸収するためです。

ナメクジに塩をかけるとしぼんでしまい可哀想なことになりますよね。

頭皮も、塩分濃度の高い海水に浸かることで水分が吸収されてしまいます。

当然のことながら、髪の毛に含まれる水分も吸収されしまうのです。

海水浴の後は髪の毛がぱさぱさになると思いますが、これは海水によって髪の毛の水分が奪われることが原因と考えられます。

この様な理由から、海水浴は頭皮や髪の毛にとって、かなりストレスがかかることがおわかりいただけたと思います。

もともと髪の毛の量が多い方は、紫外線や、海水浴の影響を受けたとしても、見た目はさほど変わりませんが、薄毛の方であれば見た目に大きく作用してきてしまいます。

まとめ

夏になると様々な影響にによって抜け毛が多くなることがおわかりいただけたかと思います。

動物特有の季節にともなった生理的な抜け毛は予防できないとしても

紫外線や、海水浴による髪の毛・頭皮のダメージは予防ができます!

帽子や日傘で頭皮を守ることを忘れずに!

頭皮を常に清潔にしましょう!

夏を上手に過ごすことで、余分な抜け毛を防ぐようにしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました