「医薬品の個人輸入代行」で注意すべき点

「医薬品の個人輸入代行」とは?

医薬品といえば、医師に処方してもらい定められた適正量を購入するのが一般ですが

海外から個人的に医薬品を輸入し購入することもできるのです。

海外からの輸入といっても、直接現地の業者と外国語で取引をするのではありません。

「個人輸入代行業者」の運営するインターネットサイトで商品を選択し、ポチっとクリックすれば、簡単に海外から医薬品を取り寄せ購入ができます。

「個人輸入代行業者」から医師の処方なくして、海外の医薬品をいとも簡単に購入できるのが最大のメリットです。

AGA(男性型脱毛症)治療薬である「プロペシア」や「ミノキシジル」またプロペシアのジェネリック「フィンペシア」等を「個人輸入代行業者」から海外値で購入することができます。

法律上問題はないの?

ただし、気になるのが法律上の問題です。

日本では医師の処方なくしては購入できない医薬品を、個人的に海外からいとも簡単に購入できてしまう現実・・・

日本での法律では輸入できる量が規制されています。

法律上の規制

旧薬事法 (現)薬機法によると(以下 厚生労働省HP引用になります)

◆ 一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

○ 医薬品又は医薬部外品

※ 日本の薬機法では、養毛剤、浴用剤、ドリンク剤など、人体への作用が緩和なものについて、医薬部外品とみなされる場合もありますが、個人輸入に関しては医薬品と同様の取扱いとなります。

※ 外国では食品(サプリメントを含む。)として販売されている製品であっても、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効能・効果が標ぼうされていたりするものは、日本では医薬品に該当する場合があります。

● 外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん薬を除く。): 標準サイズで1品目24個以内

外用剤・・・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
* 処方せん薬・・・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品

● 毒薬、劇薬又は処方せん薬: 用法用量からみて1ヶ月分以内

● 上記以外の医薬品・医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内 なお、医師の処方せん又は指示によらない個人の自己使用によって、重大な健康被害の起きるおそれがある医薬品については、数量に関係なく、医師からの処方せん等が確認できない限り、一般の個人による輸入は認められません。

○ 化粧品

● 標準サイズで1品目24個以内

* 例えば口紅の場合、ブランド・色等にかかわらず24個以内 ○ 医療機器

※ 一般の個人が、医家向けの医療機器の輸入はできません。

● 家庭用医療機器(例えば、電気マッサージ器など)・・・・・1セット

● 使い捨て医療機器(生理用タンポン、使い捨てコンタクトレンズなど)・・・・・2ヶ月分以内

● 体外用診断薬(例えば、排卵検査薬など)・・・・・2ヶ月分以内 

(参考)2ヶ月分等の数量の算出方法 (1) 1日3回2錠服用する錠剤の2ヶ月分数量
(2錠×3回)×30日×2ヶ月=360錠まで2ヶ月分の用量とみなします (2) 2日間使用可能な使い捨てコンタクトレンズの2ヶ月分数量
(30日×2ヶ月)÷2日分=30ペアまで2ヶ月分の個数とみなします (3) 1日1回使用する排卵検査薬の2ヶ月分数量
30日×2ヶ月=60個まで2ヶ月分とみなします 注意:一箱に複数梱包されている場合、箱数ではなく内容量で算出します
(1)の場合、1箱に20錠入っている場合は18箱(20錠×18箱=360錠)まで輸入可能です。
(3)の場合、1箱に検査薬が2個入っている場合は30箱まで輸入可能です。

◆ 上記の範囲を超えた個人輸入の場合、薬監証明の申請が必要となります。申請方法、発給要件については下記リンク先を参照願います。

以上 厚生労働省のHPによる引用でした。

厚生労働省のHPによる薬機法の説明通り

このように、海外から医薬品を輸入することは、個人の自由で問題ないのです。(指定数量の範囲内)

もちろんこれは個人が個人的利用に対して認められることで、第三者へ譲渡したり販売することはもちろん禁止です。

個人輸入代行業者の選び方

ネットで「医薬品 個人輸入業者」と検索してみるとわかるように、実に多くの「個人輸入代行業者」が見つかると思います。

ただ、注意すべき点は

「個人輸入代行業者」の選別です

個人で医薬品を輸入しようとネットで検索した時に、実に多くの「輸入代行業者」がヒットします。

そのヒットした「輸入代行業者」がはたしてしっかりと法律にのっとり、製薬会社の提供する「品質が保証された医薬品」であるか?を見極めなくてはなりません。

失敗しないおススメ個人輸入サイト

中には悪質な業者も紛れ込んでいることも、ちゃんと認識しておかないといけないのです。

医薬品を探しているユーザーが製薬会社の提供する「品質が保証された医薬品」であるか?を見極める情報はネット上でしか判断できないということです。

もし仮に、悪質な「輸入代行業者」から輸入した場合、類似品や偽物の薬を平気で送り付けられる可能性もあります。

どこでだれが作ったかわからないような、品質が保証されていない医薬品が手元に届く可能性も十分にあるのです。

その見極めは、ネット上の限られた情報の中で判断しなくてはならないリスクがあるのも現実です。

薬は体内に摂取するものであり、悪品質であれば身体に重大なリスクを背負うことになります。

よって、個人で医薬品を輸入する場合はこのようなリスクがあることをしっかり認識したうえで行ってください。

薬機法を知るべき理由と、知らないことのリスクがおわかりいただけたでしょうか?

「医薬品の個人輸入代行」で注意すべき点

今回は「医薬品の個人輸入」について紹介してきました。

正しい情報と知識を持つことが最低限必要となりますので、医薬品を個人輸入したいとお考えの方は十分に注意をしてくださいね!

 

 

 

 

コメント

  1. […] 個人輸入の注意点はこちら […]

  2. […] 個人輸入で注意すべき点はこちら […]

  3. […] 個人輸入で注意すべき点はこちら […]

  4. […] 個人輸入で注意すべき点はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました