【薄毛男性必見】20代のうちにしておくべき薄毛対策5選

髪の毛に関する悩みは尽きないものです・・・

中でも辛いのは若年層の薄毛です。

薄毛になる原因の90%がAGA(男性型脱毛症)と言われています。

この薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)は老化からくる男性ホルモンの乱れによって引き起こされます。

「老化」と言うと、年配の方を想像してしまいがちですが

20歳前後から「老化」は始まります。

そして怖いことに早い人は20歳前後でAGA(男性型脱毛症)を発症してしまうのです。

ですが!

AGA(男性型脱毛症)は事前に予防したり、進行を遅らせることができるのです。

ではどんな方法があるのか?

20代から薄毛を経験し、40歳を過ぎてAGA治療を体験した私が

AGAクリニックの医師やAGA諸先輩方、私の体験を踏まえて紹介していきます。

【AGA体験談】私がAGA治療を始めた衝撃的なきっかけと選んだクリニック

【薄毛男性必見】20代のうちにしておくべき薄毛対策5選

今や3人に1人が発症するといわれているAGA(男性型脱毛症)

AGAの原因は老化による男性ホルモンの乱れから引き起こされます。

しかしこれから紹介する5つのことを実行すれば

AGA発症のリスクを回避または進行を遅らせることができるのです。

薄毛対策5選

①頭皮を常に清潔に保つ

②頭皮の日焼けに注意する

③バランスの良い食事と十分な睡眠を取る

④禁煙する またはタバコの量を控える

⑤ストレスをためないこと

どれも基本的で単純なことですが、この単純で当たり前のことができていない人が意外にも多いのです。実際私もそうでしたし、これをちゃんと意識して実行していれば薄毛に悩まされることも無かったかもしれません。

そして上記の5項目は「老化」と密接に関係しているのです。

では①から順に解説していきましょう。

①頭皮を常に清潔に保つ

「清潔に保つって、適度にシャンプーしてればいいんでしょ?」

って思いますよね?

その通り、毎日シャンプーすればいいんですが

シャンプーする時間帯って寝る前(夜)と起きた後(朝)どちらが良いでしょうか?

答えは「寝る前です」

なぜなら、就寝中は頭皮から毛根を守る油分がじわじわと分泌し、明日の1日を油分で守ってくれるのです。

朝シャンしてしまうと毛根を守る油分を洗い流してしまい、油分が無いカラカラ(部防備)の状態で1日をスタートさせなくてはならないのです。

油分が無いと風やほこり、紫外線などで頭皮や毛根にダメージを追ってしまいます。

ですので、朝シャンはなるべく控えて、寝る前に済ませておきましょう。

※注意!

寝る前にシャンプーをしたら必ずドライヤーで乾かしましょう!

濡れたままで寝てしまうと、雑菌が大量に繁殖してしまいます。

雑菌は肌荒れや湿疹を引き起こし、頭皮や毛根に大きな負担がかかります。

皮膚は炎症が起きると、それを治そうと大きなエネルギーを使いますので、その負担が多ければ多いほど老化も加速してしまうのです。

頭皮のケアは日ごろのちょっとしたこと意識するだけでできますので

今日から実行してみてください。

②頭皮の日焼けに注意する

 

 

 

 

 

 

太陽から降り注ぐ紫外線は、皮膚の老化を早めてしまいます。

紫外線を浴びた皮膚は軽いやけどを負うのと同じなんです!

一般的なやけどとは違い、日焼けは痛みの感覚が無いだけなので軽視されがちですが

紫外線を浴びた皮膚の表面は細胞が破壊され、破壊された皮膚は再生しようと必死で修復作業に追われます。まさにこのサイクルが皮膚の老化を早めると言われています。

夏になると日差しを強く感じ、日焼け止めを使う方が多いですが、太陽の紫外線は季節を問わず年中降り注いでいることをお忘れなく。

特に秋のからっとした日差しは要注意です!

秋は涼しいので、つい日よけ対策がおろそかになりがちですから。

紫外線対策として、日焼け止めは顔や手足に容易に塗れますが、頭皮は中々難しいいですよね(汗)

晴れた日はなるべく帽子をかぶるなどして、紫外線対策をしましょう!

③バランスの良い食事と十分な睡眠を取る

老化を防ぐために栄養バランスを意識した食事を摂ることがとっても大事です。

とは言っても実際のところ、何を食べれば長生きするだとか?老化を防げるか?

答えは現代の科学では証明されていないのです。あれがいい、これがいいと言われているものはあくまで推測と統計から導きだされたものなのです。

私たちの祖先が幅広く多くの食材を摂取してきたように、偏りのない様々な食材を食べることが現代でも必要なのです。

よく「食材は何十品目食べなさい」と言われるのはそのためです。

野菜、果物、肉、炭水化物を偏ることなく、バランスよく食べる様に意識してください。

詳しくはこちらの記事で→薄毛を改善するのに必要な食材と生活習慣

また、睡眠もとっても大事です!

人は1日の疲れを睡眠で癒します。

睡眠中は、疲れた体を一所懸命にメンテナンスを行いダメージ箇所の修復を行っています。

睡眠が少なければ、体のダメージを修復しないまま次の日を迎えます。

それが意味するのは「体への大きな負担」ですね。体の負担は老化の原因です!

徹夜なんてもってのほかですよー!

人により適切な睡眠時間は変わりますが、自分にとっての十分な睡眠時間の基準が無ければ

適切な睡眠時間は5~7時間くらいを目安にしてください。

遅くまで飲んで遊ぶのは、ほどほどにしましょうね~

④禁煙する またはタバコの量を控える

タバコは「百害あって一利なし」っていいますね。

その通りで、タバコは体にとって何のメリットも無いのです。

「タバコを吸うと落ち着く」とか「タバコでリフレッシュする」といいますが、それはただのニコチン依存です。

脳がニコチンを欲しがるから、吸うことにより一時だけ依存がだけ解消されるだけなんです。

タバコが体に及ぼす影響は計り知れません。

煙を肺に入れることで、肺胞にヤニが付着するため、十分な酸素を得られずちょっとした運動で息切れを起こします。

またニコチンは血管を委縮させるため、体の隅々まで酸素や栄養素を運ぶ作用を妨げてしまいます。

毛髪へも必要な栄養素が行き渡らなければ、へやせ細ってしまいます。

タバコによる体への負担は「老化」をいっそう早めてしまうので、AGA(男性型脱毛症)を引き起こすきっかけとなるでしょう。

タバコを吸われる方は禁煙するか、量をへらすなどして、AGA予防をしなくてはなりません。

⑤ストレスをためないこと

ストレス・・・これも体に大きな負担になります。

病気を発症させる原因のほとんどが、ストレスによるものと言われています。

人はストレスを受けると、体内環境のサイクルが乱れてしまいます。

わかりやすい例で言うと、緊張するといつも簡単にできることが上手くできなくなくなるといった経験などないですか?

「緊張=ストレス」が自然な体の流れを乱してしまうのです。

体内環境の乱れは体の様々な場所に影響を及ぼします。

特に弱っているところにその症状が現れると言われています。

AGA(男性型脱毛症)の方であれば、その症状が悪化する可能性が高くなります。

ちなみに私もストレスが重なり薄毛が加速したことがあります。

それがAGA治療をするきっかけとなったのですが・・・(笑)

日々の生活でストレスはつきものであり回避することはなかなか難しいですが、ストレスを上手に発散できるように、好きな趣味を見つけたり、気分転換をすることを心がけましょう!

まとめ

ここまで5つの薄毛対策を紹介してきました。

日ごろのちょっとした意識さえあれば、解決できるものばかりです。

20代のうちにしておくべき薄毛対策5選

①頭皮を常に清潔に保つ

②頭皮の日焼けに注意する

③バランスの良い食事と十分な睡眠を取る

④禁煙する またはタバコの量を控える

⑤ストレスをためないこと

この5つの薄毛対策を日ごろから意識して実行し

薄毛の悩みを吹き飛ばしましょう!

薄毛は進行性ですので、早期からの対策をおススメします!

あなたの日々の生活がキラキラと輝き、幸せであることを強く願っています。

もし薄毛が進行してしまって悩んでいる方はAGA治療を早期に行いましょう。

薄毛は治療で治ります!

詳しく知りたい方はこちらへ薄毛を改善するなら?AGA治療一択です。迷わずクリニックへGo!

コメント

タイトルとURLをコピーしました