妊活中のAGA治療は注意!?プロペシアが及ぼす胎児への影響は?

AGA治療って妊活中にしてもいいの?

AGA治療で有名なプロペシア(フィナステリド)は薬である以上副作用があります。

プロペシアが妊活(子作り)に影響しないか心配なところです。

この記事では、AGA治療をしようと考えている方、またはAGA治療をしている方が妊活(子作り)をする場合の注意点をご紹介します。

妊活中のAGA治療は注意!?プロペシアが及ぼす胎児への影響は?

プロペシアにはフィナステリドという男性ホルモンの乱れを改善し抜け毛を止める成分が含まれています。

しかしプロペシアにはいくつか副作用も見られます。

プロペシアの副作用

頭痛

肝機能障害

発疹

男性機能の低下 性欲減退  勃起機能不全 精子量の低下

などがあげられます。

ですが誰でも起こるわけでは無く、服用患者の約1%と言われています。

しかし注意すべきは女性への影響です

女性へのプロペシアは危険!

プロペシアは女性の体内に入ると悪影響を及ぼしてしまいます。

※妊娠中や授乳中は注意

特に男の子の赤ちゃんの場合には注意が必要です!

妊娠中や授乳中に女性がプロペシアの主成分であるフィナステリドを摂取してしまうと、胎児や、授乳中の赤ちゃんの体内にフィナステリドの成分も流れてしまいます。

フィナステリドは胎児や授乳中の赤ちゃんの男性ホルモンに悪影響を与えてしまい、男児の生殖器が正常に発達しなくなる恐れがあります。

プロペシアは肌からも吸収されますので、妊娠中や授乳期には女性がプロペシアを触るのも危険なんです。

妊活(子作り中)に男性がプロペシアを摂取すると?

男性がプロペシアを服用すると精子にもプロペシアの成分フィナステリドがごくわずかですが入り込みます。

精子にフィナステリドが入り込むと胎児へ何らかの障害や悪影響を及ぼす可能性があると指摘するお医者さんもいます。

プロペシアが原因で生まれてくる赤ちゃんに障害が出たという報告は今のところありません。

プロペシアの服用が原因で胎児や赤ちゃんに影響があるとは断言できませんが、フィナステリドを含んだ精子で子作りをすることは危険な可能性も考えられます。

よって、安全のためには妊活中(子づくり)の期間の1~3ヶ月ほど前からプロペシアの服用をやめることを推奨します。

AGA治療の薬としてプロペシアを例にあげてきましたが、プロペシアのジェネリックもフィナステリド成分が配合されてますので注意してください。

プロペシアのジェネリック

・フィンペシア・フィナロイド・フィンカー・エフペシア・プロスカー・ハリフィン・フィライド

プロペシア類似品 「ザガーロ」

ザガーロの成分デュタステリドもフィナステリドと同じ効果をもたらします。

特にデュタステリドはフィナステリドよりも効き目が強いとされています。

これらの薬は妊活中や授乳中の女性にはくれぐれも近づけないように配慮しましょう。

ミノキシジルは?

AGA治療で一緒に使用される「ミノキシジル」ですが、この薬は女性の薄毛治療にも使われています。

ミノキシジルは血流を良くすることで発毛を促進する薬ですので妊活や授乳期間に摂取しても影響はありません。

まとめ

妊活中や授乳期にはプロペシアやザガーロなどの服用はやめておきましょう。

生まれてくる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。

正しい知識で薬の性質をしっかり理解し、これから生まれてくる赤ちゃんや女性の体の幸せを守りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました