AGA治療薬を個人輸入するなら?失敗しないおススメ個人輸入サイト

まずはじめにお読みください

「個人輸入代行」とは・・・

個人が輸入したい時、専門業者に依頼して代行してもらうことを「個人輸入代行」と言います。

日本では、医薬品を個人が使用する目的のために輸入することは、認められています。

家に居ながら、処方なしに薬の注文ができるのでとても便利です。

しかし

個人使用の目的のために、輸入する医薬品の数量には制限が設けられています。

さらに個人輸入した医薬品を販売・譲渡することはできません。(※医師免許がある方以外の個人)

ただし、個人輸入は合法でも、個人で直接外国から輸入する場合は、外国語の問題や、支払方法の手続きが容易ではありません。
そこで、海外の薬業者と日本の購入者の橋渡しをしてくれるのが個人輸入代行業者なのです。

それでは

「個人輸入代行業者」は何を基準に選べば良いのか?

数ある日本の「個人輸入代行業者」の中で安心して購入できるサイトをご紹介します。

AGA治療薬を個人輸入するなら?失敗しないおススメ個人輸入サイト

選ぶポイント

①運営歴が10年以上・・・長く運営されていることは信頼性も高いと言えます。

②成分鑑定を実施している・・・有効成分が規定量含まれている商品なら偽造品でない証拠となります。

③カスタマーレビュー評価が高い・・・評価が高ければ利用者も多く安心して購入できます。

④送料が無料・・・業者の中には高額な送料がかかる場合があるので、無料であれば安心です。

これらのポイントをふまえてご紹介していきます。

ベストケンコー

  • 10年以上運営実績があり、50万人以上が利用する大手サイト(2009年開設)
  • 人気商品の成分鑑定を実施
  • 全商品送料無料 配送方法:国際書類(日本郵便)郵便局留め可
  • まとめ買いすると大幅にディスカウント
  • クーポンの配布やセールを頻繁に実施
  • 決済方法:銀行振込・Mastercard・JCB・Line Payカード 

ベストケンコーは人気商品については『香港標準検定センター』に成分鑑定を依頼し、偽造医薬品の排除に努めています。香港の検査センターはオオサカ堂も利用している検査機関です。

ベストケンコー(BestKenko)は、イギリスの会社が運営する個人輸入代行サイト。2009年開設で、10年以上もの運営実績があります。

会員登録数50万人を超え、人気商品には数百件のカスタマーレビューが投稿されています。

ベストケンコーはAGA薬、EDやピルなどの商品が充実していて、まとめ買いすると価格がものすごくリーズナブルになります。

ベストケンコーのホームページはこちら https://www.bestkenko.com/

オオサカ堂

  • 20年以上運営実績の老舗サイト。(1997年開設)
  • 人気商品の成分鑑定を実施
  • 全商品送料無料 配送方法:国際書類(日本郵便)ヤマト便など豊富。郵便局留め可
  • 会員ランク&ポイント制度 溜めたポイントを次回注文時に利用可
  • キャンペーン・割引セールを頻繁に実施
  • 決済方法:銀行振込のみ 三菱UFJ・楽天・みずほ・りそな 

Roy Union Ltd.(香港)が運営するオオサカ堂は20年以上の運営実績がある老舗サイト。

オオサカ堂の商品には数多くのレビューが投稿されています。利用者が多く安心して買い物ができます。定番商品だと1,000件以上のレビューが投稿されていることも珍しくなく、ユーザー評価も高いです。業界最大手の個人輸入代行サイト。

50以上の商品の成分鑑定を実施。 取扱い商品が充実していて価格も安い。

クレジットカードが使えないのが唯一のデメリット。

オオサカ堂のホームページはこちら https://osakadou.cool/

アイドラッグストアー

  • 20年以上運営実績があり(1997年開設)
  • 主要医薬品の成分鑑定を掲載
  • 1,200円以上で送料無料 1,200円未満の場合送料380円 配送方法:国際書類(日本郵便)佐川急便など
  • ポイント制度有り
  • 決済方法:銀行振込・クレジットカード・郵便為替・コンビニ決済・代引 

アイドラッグストアーは医薬品の個人輸入代行店通販の業界大手で、日本の株式会社オズ・インターナショナルが1997年より運営。

アイドラッグストアーでは、AGA治療薬だけでなく、ED治療薬やピル、ダイエット薬など幅広い商品を扱っています。

毎月最大500円OFFになるクーポンを発行しています。

アイドラッグストアーのホームページはこちら https://www.idrugstore.jp

個人輸入のメリット・デメリット

個人輸入のメリット

・医師の診療を受けない

・円高だと安い

・日本で取り扱いのない薬が入手可能

・家に居ながらにして購入が可能

個人輸入のデメリット

・説明書が日本語表記でない

・他の薬との飲み合わせがわからない・薬の知識が必要。

・正規品と称して偽造品も多く出回っている。

・自己責任において使用する必要がある

海外で流通している医薬品は、日本の医薬品医療機器等法に基づく安全性や有効性が確認されていないなどのリスクがあり、使用による副作用や健康被害にあった場合の救済措置がない。

日本で流通している医薬品の場合は副作用や不具合が発生したとき「医薬品副作用被害救済制度」を利用することができます。

薬を個人輸入する際の注意点

薬は体内に摂取すものです。薬の安全性はご自身で見極めなければなりません。偽造品が出回っていることも十分に知っておくことも大切です。また薬による副作用や健康被害に会ってしまってもすべて自己責任になります。

購入した薬は家族や他の人に壌渡してはいけません。安易に人に渡す行為や転売はNGです!日本の法律で禁止されています。

以上の点を十分に理解してから薬の個人輸入を行ってください。

医薬品の個人輸入の注意点についてはこちらの記事でも掲載していますので是非ご覧ください。↓

「医薬品の個人輸入」で注意すべき点

コメント

タイトルとURLをコピーしました