あなたに合ったシャンプーは?頭皮にやさしい成分選びが大切です!

シャンプー選びに困ったことってありませんか?

ドラッグストアで手軽に購入できるものから、サロン専売品まで様々な種類があります。

結局「自分の髪にはどんなシャンプーが合うのか?」という方も多いはずです。

今回は、シャンプーの成分に焦点を当てて、自分の肌に適したシャンプーが選べるように、成分の特徴を解説するので参考にしてみてください。

あなたに合ったシャンプーは?頭皮にやさしい成分選びが大切です!

そもそもシャンプーの役割って??

お店に並んだシャンプーを見ていると宣伝文句に・・・

「髪質がさらさら」とか「髪質がしっとり」などと、髪質にフォーカスしているシャンプーをよく目にします。

しかし、本来シャンプーの役目というのは

頭皮を洗浄すること

クリックすると新しいウィンドウで開きます

シャンプーの1番の目的は頭皮の汚れを洗浄することなのです。

髪の毛はすでに死滅した細胞でできているので、髪の毛自体がシャンプーの成分で生き返ったり、つやがよみがえることはありません。

大切なのは「これから生えてくる髪の毛をいかに健康的で美しく生やしていくか」ということです。

健康的で美しい髪の毛を生やすにはまず頭皮が健康で、正常な働きができる状態にしておくことです。

よって、シャンプーに必要な要素は、頭皮環境を最高の状態に保つことなのです。

体質に合う成分選び

シャンプーは基本的に水、界面活性剤、その他の3つから作られています。

水(60%)

シャンプーの土台となる部分です。

界面活性剤(30%)

シャンプーの洗浄剤としての役目を果たします。シャンプーの良し悪しが決まる大事な部分です。

その他(10%)

香料や保湿成分等。シャンプーの個性がでる部分です。

シャンプーの成分には実に多くの種類がありますが、今回注目するのは界面活性剤の部分です。

ここであなたの体質に合う界面活性剤の種類を覚えておきましょう。

界面活性剤には大きく分けて5つの種類があります。

高級アルコール系

もっとも代表的な界面活性剤です。市販のシャンプーのほとんどを占め、安価で洗浄力の強いのが特徴。

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、パレス-3Na、オルフィン、スルフォン酸Naなど

アミノ酸系

界面活性剤のなかでも低刺激で洗い上がりがマイルド、髪のタンパク質を守りながら洗浄できるので乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすい。

〇〇グルタミン酸Na、〇〇アラニンNa、〇〇サルコシンNa、ココイルグルシンNa、イセチオン酸Naなど

石鹸系

低刺激だが洗浄力が強めなので、脂性肌や男性の使用に相性がいいといわれています。高級アルコール系の界面活性剤は使用したくないけれど、洗浄力も求めたいという方におすすめです。

石けん素地、純石鹸、脂肪酸ナトリウム、ラウレス-4酢酸Na、ラウレス-4カルボン酸Naなど

ベタイン系

赤ちゃんにも使用できるほどのマイルドな洗浄力。洗浄と同時に髪の毛の補修が期待できる。

ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Naなど

天然系

成分のほとんどが天然由来の成分でできているため、頭皮や髪だけでなく環境にも優しい。洗浄力は低め。

ラウロイル〇〇、ココイル〇〇など

シリコンてなに??

シャンプーを選んでいるときによく目にするシリコン。

最近ではノンシリコンシャンプーの人気が高まっています。

結局、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの成分の違いって、一体どんなものなのでしょうか?

シリコンとは「化合物」です。ヘアケア、化粧品に配合され、肌や髪に被膜を作ってコーティングします。

よって、シリコンが入っていれば、手触りがよくしっとりとした質感がすぐに感じられやすくなります。

一方、ノンシリコンは余計な成分が入っていないため、さっぱりとした洗い上がりでカラーやパーマが長持ちしやすいといわれています。

シリコンは髪の毛にとっては決して悪いものではありませんが、コーティング力が強いため、毛穴をふさいでしまう可能性もあるので、頭皮環境をより良くするするうえでは「ノンシリコン」がおすすめだといえます。

こんな言葉が入っていればシリコンと見分けられる

  • ジメチコン
  • メチコン
  • シクロメチコン
  • シロキ
  • シリカ

サルフェートってなに??

最近、ドラッグストアなどで「サルフェートフリー」と表示のあるシャンプーを見かけたことありませんか?「サルフェートフリー」とは何が無添加なの?サルフェートって??

サルフェートとは「硫酸塩」という意味です。サルフェートは食べ物にも含まれており、じゃがいもやブロッコリーなどにも含まれています。また、人間の体にも存在している成分のため害はありません。

硫酸は、洗浄力や脱脂力が非常に高く、頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまう可能性があると知られています。

サルフェートフリーとは、「硫酸が入っていない」という意味です。

よって、サルフェートフリーのシャンプーは頭皮にとって低刺激のため、乾燥肌や肌が弱い方へおすすめです。

【おすすめできないシャンプー成分】      
・ラウリル硫酸Na      
・ラウレス硫酸Na      
・パレス-3Na      
・オルフィン      
・スルフォン酸Na      

上記の成分は、比較的低価格のシャンプーに多く含まれています。

洗浄力が強く泡立ちもよいのですが、頭皮に対して刺激がとても強く、乾燥肌の方や、肌が弱い方にはおすすめできません。安いからといって安易に選んでしまうと肌荒れの原因になります。

ではおすすめしたいシャンプー成分はこちら

【おすすめしたいシャンプー成分】      
・〇〇グルタミン酸Na      
・〇〇アラニンNa      
・ココイルグルシンNa      
・〇〇サルコシンNa      
・〇〇加水分解〇〇      

天然由来の洗浄成分で、優しい洗い上がりや頭皮環境の改善が期待できる成分です。

高価な成分を使用するため、シャンプーの価格もそれなりに上がりますが、頭皮をしっかりと守ることで、健康的できれいなつやのある髪を作ることができるでしょう。

成分表を見なくてもパッケージに【アミノ酸シャンプー】【ノンシリコン】【サルフェートフリー】など髪に優しいことをアピールしているシャンプーも多いので、それらを見て選ぶのもおすすめです。

体質別に選んでみましょう

皮脂が多めの方は

高級アルコール系

石鹸系

皮脂が多くオイリーな肌の方は高級アルコール系か石鹸系シャンプーがおすすめ。

しかし注意しないといけないのが、その洗浄力の強さで皮脂を根こそぎ落とさないように洗わないといけません。頭皮をごしごし強く洗うのは禁物です。またしっかりとシャンプー液を落とすようにしましょう。

皮脂はいわば「頭皮のバリアー」みたいなもの。頭皮を乾燥から守ってくれるのが皮脂なのです。

皮脂を落としすぎると、「皮脂が足りてないよ~」と体が反応して、逆に皮脂が過剰分泌す可能性もあります。

【高級アルコール系】ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、パレス-3Na、オルフィン、スルフォン酸Na

【石鹸系】石けん素地、純石鹸、脂肪酸ナトリウム、ラウレス-4酢酸Na、ラウレス-4カルボン酸Na

乾燥肌・乾燥毛の方は

アミノ酸系

ベタイン系

天然系

髪質が乾燥しやすい人は、「アミノ酸シャンプー」が保湿力が高いのでおすすめです。
アミノ酸シャンプーに、天然由来の精油などの保湿成分などが入っているものが良いと思います。

結論から言うと

アミノサン系とベタイン系が最も無難でおすすめ!

界面活性剤のなかでも低刺激で洗い上がりがマイルド、髪のタンパク質を守りながら洗浄できるので乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすい。

お店でシャンプーを手に取ったら成分表記を見て確認しましょう。

〇〇グルタミン酸Na、〇〇アラニンNa、〇〇サルコシンNa、ココイル〇〇Na、イセチオン酸Naラウロイル〇〇など・・・

これらの成分が入ってればおすすめシャンプーといえます。

まとめ

シャンプーは髪を洗うというよりも「頭皮」を洗うもの。

健康的で美しい髪の毛を生やすにはまず頭皮が健康で、正常な働きができる状態にしておくことです。

ドラッグストアーやコンビニで安く買える高級アルコール系石鹸系シャンプーは洗浄力が強いため、皮脂が多くオイリーな方に適しています。

ですが、洗いごたえがある代わりに、肌に刺激が強いためごしごし強く洗うのを避け、よくすすぎましょう。

乾燥肌や肌が弱い方はアミノ酸系、ベタイン系シャンプーを選びましょう。

界面活性剤のなかでも低刺激で洗い上がりがマイルド。

髪のタンパク質を守りながら洗浄できるので乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすい。

成分表を見なくてもパッケージに【アミノ酸シャンプー】【ノンシリコン】【サルフェートフリー】など髪に優しいことをアピールしているシャンプーも多いので、それらを見て選ぶのもおすすめです。

あなたに合ったシャンプー成分が見つかりましたか?

シャンプーを選ぶ際は、シャンプー裏面の成分表をぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました