5αリダクターゼとは?薄毛の元凶を抑制することで薄毛は治る!

5αリダクターゼとは?

5α(アルファ)リダクターゼ・・・AGAについて調べたことのある方なら1度は目にするワードだと思います。

成人男性にとってのおおきな悩みであるAGA(男性型脱毛症)。

そのAGAを引き起こす元凶こそが、体内に存在する5αリダクターゼという酵素なのです。

酵素とは?

酵素=体内で起こるさまざまな化学変化を手助けする物質
人間が口にした食べ物を消化したり、吸収、代謝など、細胞が動くほとんどの化学反応は酵素の働きによるものです。

5αリダクターゼという酵素は、「テストロン」という男性ホルモンと結びつくと、より強力な男性ホルモンDHT( ジヒドロテストステロン)へと進化させてしまいます。

テストステロン・・・男性ホルモンに

酵素である「5αリダクターゼ」が作用すると・・・

DHT( ジヒドロテストステロン)へと進化

DHTは、男性ホルモンなので、それ自体は悪いものではありません。

しかし!

DHT(ジヒドロテストステロン)が男性ホルモンレセプター(受容体)に結合してしまうと困ったことになります。

髪の成長を妨げる!

DHT男性ホルモンレセプター(受容体)に結合するとしてしまうと、髪の毛を成長させないよう毛乳頭や毛母細胞へ脱毛因子 (TGF-β)が指令を出してしまいます。

その結果

発毛や育毛を阻害してヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えて薄毛が進むというしくみになっています。

AGAに関わる2つの5αリダクターゼ


5αリダクターゼ(酵素)には、
・Ⅰ型5αリダクターゼ皮脂腺に多く存在
・Ⅱ型5αリダクターゼ前頭部頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在

の2種類のタイプがあります。

Ⅰ型5αリダクターゼ

Ⅰ型の5αリダクターゼは、ほとんどの体毛の皮脂腺に存在しています。ですから皮脂の分泌が多い人は、Ⅰ型の5αリダクターゼが多い可能性が考えられます。
それに対してⅡ型の5αリダクターゼは、前立腺および、頭部やヒゲの毛乳頭細胞に分泌しています。ヒゲが濃い人は、Ⅱ型の5αリダクターゼの働きによるものだと考えることができます。

Ⅱ型5αリダクターゼ

Ⅱ型の5αリダクターゼは前頭部、頭頂部などの頭髪の毛乳頭細胞に多く存在しています。

Ⅱ型の5αリダクターゼは、頭部の他に前立腺やヒゲの毛乳頭細胞にも分泌しています。

ヒゲが濃い人は、Ⅱ型の5αリダクターゼの働きによるものだと考えることができます。

Ⅱ型の5αリダクターゼは、ヒゲの毛母細胞は活性化させる作用があるのに対して、前頭部や頭頂部では逆に脱毛促進してしまう作用があるのです。

薄毛の原因はⅡ型5αリダクターゼ

この「Ⅱ型5αリダクターゼ」が、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在することで、額の生え際や頭頂部に薄毛が発症してしまうのです。


人の髪はおよそ10万本あると言われ、3年から7年で順次生え変わります。この髪の循環を「ヘアサイクル」といいます。

しかし、DHTの生成によって毛母細胞の活動が弱体化すると、次第に毛包が縮小し、弱々しい軟毛しか育たなくなっていきます。発毛よりも脱毛が多くなり、ヘアサイクルが乱れて徐々に薄毛が目立つようになっていきます。
これが、一般的なAGAのメカニズムです。

5αリダクターゼの作用傾向は遺伝する?

5αリダクターゼは、人によって分泌する量や分布が異なります。そして、その5αリダクターゼのテストステロンへの作用傾向は、遺伝性であることが分かっています。

優性遺伝と劣性遺伝

私たちの遺伝子は、母親と父親受け継がれます。

遺伝子が受け継がれるときに母親と父親から半分ずつの染色体を受け継ぎ、それを組み合わせることで1つの遺伝子が完成されます。


1つの染色体から、母親か父親のどちらの染色体の影響が強く現れるかによって、その子どもの遺伝的特徴の出かたが(遺伝形質)変わるのです。
この形質が現れやすい方「優性遺伝」そして、もう一方の現れにくい方を「劣性遺伝」といいます。

5αリダクターゼの発現強度は、優性遺伝します。

AGAになる原因は、遺伝がすべてではありません。育つ環境や生活習慣も大きく影響してきます。

しかし、家族や親類にAGAを発症している人がいる場合は、AGAが遺伝する可能性もあるということです。

5αリダクターゼを抑制すればAGAを治せる

これまでAGAを引き起こす原因を説明してきました。

① 5αリダクターゼという酵素が、「テストロン」という男性ホルモンと結びつく

② より強力な男性ホルモンDHT( ジヒドロテストステロン)へと進化

③ DHTが男性ホルモンレセプター(受容体)に結合する

④ 髪の毛を成長させないよう毛乳頭や毛母細胞へ脱毛因子 (TGF-β)が指令を出す

⑤ 髪が抜ける➡AGAになる

このように薄毛になるメカニズムは解明されています。

ではAGA治療は何がどこにどのように作用するのか?

AGAの救世主

AGA治療で抜け毛を治すには

フィナステリドを主成分とした医薬品(プロペシアなど)や

デュタステリドを主成分とした医薬品(ザガーロなど)が使用されます。

フィナステリドやデュタステリドは、2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制してくれるのです。

そのおかげで、抜け毛が止まり、正常なヘアサイクルが戻ってくるわけです。

服用開始から早い患者だと3か月くらいから発毛を実感でき、6か月くらいになると9割以上の患者が発毛を実感できるといわれています。

このように、薄毛を治すには薄毛を引き起こしている元々の原因を根絶する必要があります。

育毛剤が効かないという理由がよくわかると思います。

今やGAは治療で治せる時代となりました。

AGAは進行性のため、放っておけば益々薄毛になってしまいます。

AGAをお考えの方は早期にAGA専門のクリニックで診療してもらうことをおすすめします。

AGA治療経験者がお勧めするクリニック

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました