足の匂いが取れなくて困っている方!臭いを消すための方法とは?

足の匂いが取れなくて困っている方!臭いを消すための方法とは?

夏場や、長時間仕事をした時って、足の臭いが気になりますよね。

特に居酒屋などで靴を脱がなければならない時は足の臭いが心配になります(汗)

ではどうすればこの悪臭を消すことができるのでしょうか?

この記事では、毎日あることをするだけで足の臭いを消す方法をお伝えします!

足の臭いを消す方法を実践する前にまず原因を知っておきましょう。

足の臭いの原因とは

足の臭いには「イソ吉草酸」(イソキッソウサン)と呼ばれる原因物質が大きく関係しています。
イソ吉草酸は皮膚の常在細菌が汗や皮脂を分解することによって作り出される物質で
納豆のような刺激臭を発することが特徴です。
汗腺が集中している足の裏は、ほかの部位に比べて汗をかきやすく、そのうえ靴や靴下で密閉されているため、高温多湿で細菌が繁殖しやすいのです。
さらに足は、爪垢や角質など、細菌の栄養源になるものが豊富にあるため、細菌にとってはまさに最高の環境なのです。
それでは足の嫌な臭いの消し方をお伝えします!

足の臭いを消す方法

靴のローテーションとお手入れ

靴のローテーションがとても大切です。

毎日同じ靴を履いているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これは雑菌を大事に育てていることになるので要注意です!

湿気をとるために、1度履いたらできれば2日は靴を休め、干して乾燥させてください。

といっても、そんなに多くの靴を用意できないという場合は、1日履いた靴の中に新聞紙や木炭を入れておくと靴の水分を吸収し内部を乾燥させることができます。

また、1日履き終わった靴は靴入れに収納する前にしっかり乾燥させましょう。

靴入れに収納するとなかなか乾燥しづらいので靴入れに新聞紙を敷くと、靴の水分を吸ってくれて靴をより早く乾燥してくれます。

それでも臭いが気になる場合は、消臭スプレーや消臭インソールを使用してみてください。

足角質をきれいに洗いとる

1.角質を取り除く

雑菌の大好物は角質と汗です。

角質が溜っていると雑菌は益々は繁殖してしまいます。

足の裏の皮が厚くなっている場所がありませんか?

なぜ固くなるかというと、そこに体重が乗っているから固くなるのです。

立っているときは、体重を足の裏全体に均等にバランスよく分散できるようにしてください。

また、固い角質はやすりや軽石を使って削るのはNGです。

削るとその部分の皮膚表面が傷つくのでかえって雑菌には好都合になります。

削れば削るほどそこを補おうと角質は益々固くなっていきます。

お風呂上りに角質の固い部分を中心に、ニベアやワセリンなどのクリームを塗って靴下を履いて寝ましょう。

立っているときの足裏の比重バランスに注意してくださいね。

 

2.洗う前に足湯で汚れを浮き上がらせる

 

足を洗う前に、洗面器にお湯をため足湯をします。もしくは湯船につかって足の裏をふやかし柔らかくしておきます。推奨は10分

髪の毛や体を洗い終えて最後に足を洗うとちょうど良いころ合いになります。

この作業をすることで汚れが浮き上がり、汚れを落としやすくなります。

3.石鹸を泡立てて洗う

片足ずつ、よく泡立てた石鹸を使って洗っていきます。このとき、できるだけボディソープではなく石鹸を使用すると、より効果が高まります。

ボディソープには保湿成分が含まれていることが多く、その成分が汗や蒸れの原因になることがあるためです。さらに強い効果が欲しい場合には、足専用の石鹸を使用してみるのも良いでしょう。

ポイントは手で洗うことです。スポンジなどで足の裏を傷つけてしまうと、菌の繁殖を促進してしまいます。手で優しく、汚れが溜まりやすい指の間まで丁寧に洗い上げましょう。

4.指を1本1本しっかり洗う

足の指は1本1本時間をかけて丁寧にしっかり洗ってください。

指と指の間には特に汚れが溜りやすくなります。

爪を立ててごしごし洗うと皮膚表面を傷つけてしまうのでやさしくマッサージするように洗います。

5.爪の間を洗う

汚れが溜りやすく臭いの原因ともなる爪の間も要注意です!

見落としがちですが、爪の間は汚れが残りやすい部分です。

いらなくなった歯ブラシや綿棒を使い、しっかり汚れを落としましょう。

この時も乱暴にごしごし行うのはNGです。優しく洗いましょう。

6.よく洗い流す

ぬるま湯でキレイに泡を落としていきます。洗浄液が残らないよう気を付けてください。

洗浄液が残っていると皮膚に炎症が起きてしまうことがあります。

通気性の良い靴下

靴下選びも大切です。特に汗をかきやすい方は通気性の良い靴下を使用すると、速乾性があるので蒸れ蒸れ感が無くなり、雑菌の繁殖を抑えてくれます。

仕事で1日中履かなくてはならない方は、勤務時間の真ん中で1度新しい靴下に履き替えると汗の水分が靴に付着するのを軽減してくれます。

また履き替えのときに、デオドラントペーパーなどで足の指全体をふき取ってあげると雑菌の繁殖が抑えられ、リフレッシュできます。

1日履いた靴下は、洗濯機に入れる前に除菌用の石鹸などを使って事前に洗っておくと、より臭いが気にならなくなるのでぜひやってみてください!

ミョウバンを使う

ミョウバンとは、ナスなどのお漬物の色付けの安定剤、お芋や栗などの煮崩れ防止、品質安定剤などとしても使用される食品添加物です。

そんなミョウバンはなんと!雑菌効果があるのです。

ミョウバンは水に溶けると酸性になり、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑える効果があります。

スーパーに売っているミョウバンで消臭スプレーが自作できてしまうのです!

ミョウバンを使った消臭スプレーの作り方

【必要な材料】

①みょうばん(焼きみょうばん)50g。
※薬局やスーパー等で数百円で購入できます。
重曹等と一緒に置いてあることが多いです。
②水道水。
③空のペットボトル1.5ℓ
お好みでスプレーボトルもご用意してください。

④あとは混ぜるだけ。

ミョウバン水の作り方は簡単で、ミョウバン1gに対し、30mlの水を加えるだけ。ただし肌が弱い場合は刺激を感じることもあるので、心配な方は使う際にさらに10倍に希釈して使うと良いでしょう。

雑菌の繁殖を抑制する効果を持つミョウバンは、足の臭いケアにぴったりのアイテムです。

水で希釈してスプレーボトルに入れておけば、足だけではなく、靴の消臭にも活用することができます。

またボディーケア商品の成分にミョウバンが入っているものを選べば、雑菌効果も期待できます。

中和消臭スプレー

中和消臭とは??

植物精油の消臭成分が、空気中のにおい物質と接触して主に次の3つの反応を起こします。

この反応をまとめて中和消臭と呼び、その相乗効果でにおいを消臭します。

このように日々の生活に気を配ることはもちろんですが、「気になる臭いを今すぐ何とかしたい!」というときに非常に心強いのが、天然アロマの中和消臭スプレーです。

天然アロマは中和消臭で、気になる臭いを消し去ってくれます。香りをかぶせるのではなく、悪臭物質と天然アロマが接触・結合することで無臭の物質に変化させるのです。

しっかりスプレーしておけば悪臭物質そのものがなくなるので、臭い戻りもありません。

ぜひドラッグストアーの消臭スプレーコーナーで「中和消臭」と書いてあるものを探してみてください。

3. 足の臭いを消す方法を実践しても解決しない時は?

足の臭いを消す方法を実践しているのに、いつまで経っても手応えを感じない。そんな時は、思い切って病院を受診してみましょう。
足の臭いは水虫や多汗症などの疾患で起こるケースもあるからです。
病院で足の臭いについて相談する時は、「いつ頃から臭いがしているか」「痒みや赤みなどの皮膚症状は見られるか」「足以外にも臭いを感じることはあるか」など、詳しく話すと原因を早く突き止めることができます。

まとめ

・足の臭いの原因とは?

皮膚の常在細菌が汗や皮脂を分解することによって作り出されるイソ吉草酸という物質が刺激臭を発生させる。
・足の臭いを消す方法は?
〇 靴のローテーションとお手入れ
〇 足を正しく洗う

1 角質を取り除く

2 洗う前に足湯で汚れを浮き上がらせる

3 石鹸を泡立てて洗う

4 指を1本1本しっかり洗う

5 爪の間を洗う

6 よくすすぐ

通気性の良い靴下を選ぶ

ミョウバンを使って消臭する

中和消臭スプレーを使う

・足の臭いを消す方法を実践しても解決しない時は?

水虫や多汗症などの疾患で足の臭いが起こるケースもあるので、治らない時は早めに病院に行きましょう。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました